眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

山中先生、ノーベル賞受賞おめでとうございます

京都大学 山中教授がノーベル賞を受賞された!同世代の研究者がノーベル賞を受賞されたことは自分自身のことのように嬉しい。清々しい表情、輝いた目をした日本人を久しぶりに拝見した。『家族への感謝』を第一に述べられ、外科医から基礎研究へと方向転換され、世界の最高峰まで上られた山中先生の心意気に感動した。ips細胞の実用化は、多くの難病の患者を救う希望の光をもたらすものである!診療医の頃、不器用であったが、患者に懇切丁寧に、誠心誠意接する姿勢を紹介するエピソードがあった。これからは知と徳とが一致する時代と確信している。山中先生、おめでとうございます!
スポンサーサイト
  1. 2012/10/09(火) 21:40:25|
  2. 料理および科学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0