眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

失われた日本人の心とそれを取り戻すために

昨年、NHKで放映された司馬遼太郎原作のドラマ「坂の上の雲」を見た。ストーリーの概要は、愛媛県 松山に生まれた明治の軍人 秋山好古、秋山真之兄弟、俳人 正岡子規を主人公に幕末から明治を生きた人々を描いたものである。正岡子規は皆さん、ご存知だと思うが、好古は同時、最強と言われた騎馬隊 コザック隊を撃破、真之もバルチック艦隊を打ち破った。「坂の上の雲」は、戦争を美化すると評論する方々からかつて反対された作品と聞いている。世界が平和で、物わかりの良い人間ばかりであれば、戦争は起こらない。しかし、幕末期に結んだ西欧との不平等条約をかさに、明治期に、外国人は暴挙を働いた。その背景には、外国の強大な軍事力があり、日本は罪人を裁けずに、罪を見逃すしかないそういったことが重なった。こういった不平等条約を解消するには、「富国強兵」、日本が列強国の仲間入りをし、対等に議論出来る立場を築くことで、国民が一体化し、血と汗のにじむ努力を重ねた。第二次世界対戦で、敗戦国となり、日本独自の憲法、教育をも変えられ、戦前の日本人とはまったく別の国民により集合した国家となった。最近起こった中国との海洋上の問題、中国の言うがままに従う、まさに、幕末から明治初期の日本と同じ状況と言える。違いは人。明治にロシアのバルチック艦隊を破った海軍の軍人 東郷平八郎が、丁総督の率いる同時、世界最高性能の艦隊の中の軍人を見て、「戦艦の中で麻雀、飲食に興じ、洗濯物を神聖な場所に干している様な相手に負けるはずがない。船を操るのも、戦うのもヒトである。」と言うシーンが心に残った。今の日本人、我々はどうなのか。自らの姿を鏡に、生活を心の鏡に映しだし、律していこう。学問、ビジネスもすべて、ヒトにより決まる。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/26(日) 10:28:20|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「はこもの」から「ひと」へ?

タイトルの言葉が言われて久しい。自民党政権から民主党政権になっても、ますます「はこもの」が作られる状況となっている。地方においては、自民党政権の時以上にそういった動きが目立つ。事業仕分け、ヒトといった民主党の政策はどこに行ったのか。私はいたずらに「はこもの」が悪いと言っているわけではない。これだけ天変地異が起こる中、水耕栽培等、野菜、穀物を室内で栽培させるためのインフラ、建物は必要と考える。人口減少の地域で、耐震性を全面に押し出し、新たに取得される用地、建てられる学校、それだけの予算があればヒトを育てるための教育者の拡充、教科書の充実とソフトの面にもっと力を入れられるはずである。国語、道徳教育、算数、理科、数学、科学の学力低下が明らかになり、十年前、世界一であった中学生の学力が、いまや十何位まで落ち込んでしまった。その動きはまさに、日本のGDPの動きにも酷似する。この十年の間に起こったこと、私の様な捉え方をしている人間は少ないが、明治、大正生まれの方々が少なくなった。明治、大正生まれの方々が持つ共存共栄、愛国心、勇気、実行、権威と言ったものが社会から消えた。国は政治が作るのではなく、教育、ヒトが作る。民主主義の世の中では、政治家がいくら崇高な理想を訴えても、それを支持する高い理念、勇気、行動力を持つ民衆が育たなければ、社会は変わらない。私はそう考える。教育に力を注ぎ、寺子屋で学ぶ精神を復活させましょう。苦学したものこそ、これからの厳しい時代を生き残ることを皆さんと共に確認しあいたい、そう感じる朝の始まりである。
  1. 2010/09/21(火) 06:07:10|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一週間を振り返り、人生の師と

一週間があっという間に過ぎ、日曜日を迎えた。9月16日 木曜日に築地玉寿司 中野里孝正会長と再会させて頂き、両親と共に会食させて頂いた。二週間前に体調をくずされ、入院されたそうだが、秋田市の経営者への講演のために、秋田市に来てくださった。いつもながら、世のため、人のためと行動される中野里会長の素晴らしさには感服し、人生の師と行動をお手本にしている。秋田県へ倫理法人会を設立する上でご尽力された方であり、倫理法人会の経営者モーニングセミナーのおかげでどれほどの人々が救われたか、数えきれないと私は感じている。御子息のアメリカ大学の卒業式の写真を手帳にはさめられているのを見て、情の深さ、家族の絆の強さに胸を打たれた。私の父は頑固で短気、私は以前、激しい言い争いをしたことがあり、父の私に対する想いを誤解した。しかし、父の手帳の中に、私の家族の写真がはさまれているのを見た時、胸をうたれた。父とはそういうものかもしれない。私の父も若い頃から苦労の連続であった。常人であれば、会社を継続することなど出来なかっただろう。母はそれを支え、共に苦労した。その姿を見て、我々兄弟はあっさりと数学、科学の道を捨て、家業を継承する道に入った。中野里会長、中野里陽平社長との共通点がある。「損と得の道があれば迷わず損の道を歩く」人間でいられる様、頑張っていきたい。夏の疲れのでやすい時期ですので、中野里会長、お身体を大切になさってください。
  1. 2010/09/19(日) 06:54:49|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域から芸術 文化を発信 「世嬉の一」 月見の宴

昨晩、一関の蔵元 「世嬉の一」さんで、蔵コンサートがあり、ハーモニカ奏者 八木のぶおさん、若手ギタリスト 佐々木貴之さんの演奏を堪能した。23回目を迎えるこの宴は、佐藤社長、専務の地域、家業に対しての熱い想いが伝わってくる素晴らしいものであった。先祖が作って残してくれた蔵に沢山のお客様が集い、芸術、文化を伝える、これほどの先祖供養、地域貢献はない。八木のぶおさんは「北の国から」、「探偵物語」のテーマソングをハーモニカで演奏された方で、「北の国から」のテーマソングを演奏された。佐々木貴之さんは、宮城県出身、バークリー音楽院で学んだギタリストで、今のマクドナルドのコマーシャルのギターを担当されているとのことだった。二人で演奏する「ムーンリバー」は、映画 ニューヨークの恋人「Kate and Leopold」の一シーンを思い出させた。八木のぶおさんの兄貴分にあたるハーモニカ奏者 故あべてつやさんが演奏したと言う「南部牛追い唄」のハーモニカ演奏、歌は心をうった。叙情的でありながら、明るい楽しいコンサートであった。宴で、参加された皆さんとお話ししながら、「世嬉の一」さんのノンアルコールビールを頂き、嬉しくなった。美味い!、地ビールはもちろんなのだが、今まで飲んだ中ではナンバーワンのノンアルコールビールだ!努力に感服いたします。この宴が何百回と続くことを祈念しています。ありがとうございます。
  1. 2010/09/12(日) 12:46:11|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眞壁屋 東京店

眞壁屋東京店も、オープンして5日、沢山のお客様に眞壁屋のうどんを堪能頂いている。赤ちゃんからお年寄りまで、つるつるした眞壁屋のうどんを喜んで召し上がって頂ける時、うどん屋冥利につきる。笑顔、会話、本当に楽しい店になった。麺の表面は宝石のごとく光り輝き、一気につるりと口に入ってしまう。天ぷらのサクサク感が良い。地鶏つけ麺も、ラーメン感覚で食べられる逸品である。親子丼、天丼、酒のみの私が美味いとお墨付きの秋田の銘酒も堪能頂ける。ローストビーフ等、酒、ビールのおつまみもここでしか食べられないものが多い。都会の喧騒を離れ、皆が故郷に帰り、心穏やかに食を楽しみ、元気になって帰って頂ける、そんなお店になっている。楽しい食をご堪能ください!
池袋東武店「眞壁屋」 〒171-8512 東京都豊島区西池袋1-1-25 ㈱東武百貨店 池袋店 レストラン街スパイス11F TEL/FAX: 03-3989-6748
  1. 2010/09/12(日) 07:59:19|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真壁屋 東京初出店、東武百貨店池袋店オープン!

おはようございます。皆様に手軽に、真壁屋のうどんを食べて頂ける店として、東武百貨店池袋店11階に直営店を、本日、9月7日 オープンします!シンプルにつけ麺、温麺、秋田地場産品のじゅんさい、いぶりがっこを召し上がって頂けることはもちろん、お土産もお買い求め頂けます。沢山の方々のお世話になり、オープンすることが出来ました。昨日の御披露目にも沢山の方々から温かいお言葉、お花を頂きました。ありがとうございます。安全で美味しいものを提供してまいります。宜しくお願いいたします。
真壁屋池袋東武店
「秋田稲庭うどん 眞壁屋」
〒171-8512 東京都豊島区西池袋1-1-25 ㈱東武百貨店 池袋店 レストラン街スパイス11F TEL/FAX: 03-3989-6748
  1. 2010/09/07(火) 08:29:29|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

築地 玉寿司での夕食

両親と共に、久しぶりに東京で夕食をとった。築地 玉寿司さん、築地 玉寿司の中野里孝正会長が、私の倫理の先生である。親孝行、感謝の経営を実践される方である。お客様の接待をされる店員さんの態度、受け答えは、経営者の心を受け継いでおり素晴らしく、また職人さんのリズミカルで、プロの技でしかなしえないにぎりの度合い、素早さには、楽しさを感じた。江戸前寿司を広く、多くのお客様に楽しんで頂くと言った経営者の気概が伝わってくるお店だ。ネタも良く、おいしかったです。親孝行できました。ありがとうございます。
  1. 2010/09/06(月) 07:12:12|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

民主党党首選公開討論会について思うこと

候補者 二人の公開討論会をテレビで冒頭の部分だけ拝聴した。小沢一郎さんが菅直人さんより一枚も二枚も上と言う感じだ。心なしか菅さんがのまれている雰囲気が画面を通じて感じられる。少子高齢化社会において、高齢者向けの介護等も大きな産業にし、内需を高めると言うお二人の話しは、自然とそうなっていくと考える。今問題なのは、内需のみで、これだけ巨大化した日本経済が支えられるか、存続しうるかと言ったところで、資源の少ない、島国の日本が他国との貿易なしで存続することは考えられない。鎖国でもなんとか賄えていたのは、日本の人口が三千万人程度の時で、一億人を超える今は、貿易、世界で優位にたつ産業育成が最大のキイと考えられる。俊英揃いの民主党の若手議員達ではあるが、いや自民党、他党の議員も含め、日本の基幹産業創世、展開に関する戦略についての知識、議論、構想が不足していることも討論会の冒頭から感じられた。森首相の時代、ITを基幹産業にすると言ったことが少し出て、小泉首相になってからは、「郵政改革、自民党をぶっ壊す」、それ以降の首相達はただ国内経済対策を打ち、バブル期以来二十年を重ねただけで、日本にとっては空白の二十年であったと感じてしまう。基幹産業の基の字も出ない政策、どんどん貧しくなっていく日本、日本経済。介護を基幹産業にし、内需を高めると言うことはマクロ的に見ると結局は、国民の持つ金融資産をまわす、言いかえれば日本の金融資産の殆どを保有する七十代、八十代に若者がぶら下がる社会と捉えられる。そんなことで良いわけがない!少子高齢化社会においても、活力ある日本にいかに転換するか、子供を生み育てられる社会をどうやって作るのか、日本の若者の行動が大切である。民主党党首選を通じ、国民が日本の未来を考えることを切望する。
  1. 2010/09/03(金) 02:27:45|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愚衆政治と民度

民度と言う言葉、知識、道徳感を持つ人間が揃うと民度が高いと言うことになる。ほんもの、本質が分かる人々が多いと言うことである。愚衆とはそれとは対局に、ほんもの、本質とはかけ離れ、自分が得をするから行うあるいは何にも考えずに行動する民衆のことである。ただ単なる支持率のみをとるマスコミには、危うさを感じている。靖国神社参拝をアジア諸国の反応がどうだから取り止めると言ったことに怒りを感じない民衆はどうなのだろう。アジア諸国にまだ補償すべきものがあれば、補償し、責任を果たそう。そういったことを明確にした上でのODA支援をすべきである。国家が理念を持ち行動するならば、他国からいかなる干渉もされるべきではなく、正しいと思うことは断行すべきである。大衆に金をバラまく代償として、旧態依然の利権構造の日本社会を維持する、未来の子供達の将来を考えず、贅沢を続けたい人間が多いとすれば正にそれは愚衆であり、それに支えられる政治は愚衆政治である。何かあれば、「政治とカネ」などと訳の分からない言葉ばかりを振りかざし、一人の政治家をそのターゲットとして攻撃することは何の解決にもならない。沢山の方々と触れ合っていけば当然、金がかかる訳で、「政治とカネ」と本当に言うのならば、天下り、不要な建設、組織に流れ、未来の子供達のためにならない金を無駄遣いしない様な社会にしましょう。人材育成に使う生きた金を確保し、人材を育てていきましょう!
  1. 2010/09/01(水) 10:32:39|
  2. 雑感、考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。