眞壁明吉良の一日

うどんを科学する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三日月も丸くなるまで南部領

名句です。南部晴政の頃には領地も拡大され、七戸、八戸から和賀郡と横手近くまで南部領で、三日月が満月になるほど(12~13日も)時間がかかるほど南部領は広かったという意味。35万石といった石高であったという。覚えておきたい名句である。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/21(火) 22:48:22|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

君は海を見たか

何故か、倉本さん脚本のテレビドラマ「君は海を見たか」という五歳の頃に観たテレビドラマが浮かんだ。エリートサラリーマン、技術者である仕事一筋の父が難病にかかった息子と残された時間を懸命に過ごすストーリーであったと記憶する。息子は九歳、野球のチームに入り、元気でいたのが突然の難病にかかり、限られた命の時を母代わりの叔母と過ごすシーンを覚えている。父親役が平幹二郎、懐かしい名優が浮かんできた。最近は、「君は海を見たか」、「北の国から」といった生きるということを真剣にとらえるドラマがめっきり減った。幼稚な大人の恋であったり、回想ものであったり、今という時代がそうなのか、表面ばかりをなぞって済ませるそんなドラマばかりが目につく。生きることはもっと真剣であるはずだ。死ぬことも。「君は海を見たか」、36歳の父親役を演じる平幹二郎の演技、ドラマを当時の彼の年齢をはるかに超えた50歳の今、観てみたいものだ。
  1. 2015/06/22(月) 02:42:43|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Con air by Nicolas Cage

昨晩、「コンエアー」(1997)を観た。もう18年前の映画で、当時、ニコラス ケージが33歳であった。私が好まないバイオレンス、しかも飛行機アクションと観るのを中断しようと思ったが最後まで観た。アメリカを代表する囚人達が乗り込む護送機がハイジャックされ、仮釈放をされたニコラス ケージが立ち向かうというストーリー。鍛え上げたニコラス ケージの肉体、アクションが素晴らしい。現実に起こりそうなリアル感と愛する人間が暴漢に襲われ、守るために戦い、相手の命を奪ってしまい罪人となるニコラス ケージの役は現実的に起こりうることでもあり、考えさせられた。話せば分かるでは済まない狂人達がこの世の中にはいるのが、悲しいが現実である。私は幼少期からそのような人間達から身を守り、大切な方々を守るために徹底的に自分自身を鍛え上げた。今でも腕立て伏せ100回を続け、肉体は二十代のままである。一度も喧嘩をしたことがなく、握力80kgを超える握力は現代社会で使ってはならないと封じている。 ニコラス ゲージ、名優である。もし彼と会う機会があれば意気投合しそうなそんなインスピレーションが働く。銃社会、軍事大国、貧富の差が大きいアメリカの闇の部分を見事に描いた作品である。
  1. 2015/03/08(日) 21:12:21|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽っていいですね

歌、サックス演奏、時間を忘れてしまう。やはり、自分が10代から20代に流行った曲、尾崎豊、プリンセス プリンセス、DREAMS COME TRUE、サザンオールスターズ等の曲は好きで良く歌う。良い曲は古臭くはないと思う。Eric Claptonの曲も良く歌う。一晩、声を張り上げることなく、歌うことも良くあった。サックスは、歌謡曲、ジャズを演奏し、やはり6時間ぐらい忘れてしまう。結婚式の披露宴で何回か演奏を頼まれた。仕事、講演に時間を取られ、最近、歌ったり、サックス演奏をしていないが、また再開しようと思う。7年前ですが、テレビ番組でサックス演奏したこともあるんですよ!
  1. 2010/01/19(火) 21:32:47|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真冬の落葉樹

20100109201042
こんばんは。今日一日、雪が降り続きました。今日の仕事を終え、ふと見ると、真冬の落葉樹(写真)が目に入った!美しい。ふと詩人、評論家のむのたけじ(横手市在住)さんの詩が浮かんだ。「北国に暮らしていて、最も美しいなと思う景色は真冬の落葉樹である。風雪に耐え、寒さをしのぎ、必要ぎりぎりの一切を捨て去り、立っている木々の姿である。春に最も近く位置するのは明らかにその様な木々です。」人も会社も厳しい時代に直面しているかもしれない。しかし、夢を持ち、絶体に夢を叶える、目標を実現すると心に決め、現実を喜んで受け入れ、不要なもの一切を捨て去り、計画を立て、一心不乱に実行するものこそ、春に最も近く位置していることを落葉樹は我々に教えてくれていると感じました。
  1. 2010/01/09(土) 20:07:31|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。